神戸北野異人館結婚式 キャサリンハウス

神戸北野異人館キャセリンハウス結婚式場

神戸北野,異人館,結婚式場,ブライダル,ウエディング,結婚式,ブライダル神戸北野異人館,キャセリンハウスウエディング

神戸北野異人館結婚式やウエディングパーティー、ブライダルフェアーのキャサリンハウス

<h2>神戸北野異人館結婚式場</h2>
 
 
<h2>キャセリンハウスのご案内結婚式場</h2>
<h2>館内のご案内 神戸 結婚式場 異人館キャセリンハウス結婚式場</h2>
<h2>挙式プラン 神戸 結婚式場 異人館キャセリンハウス</h2>
<h2>料理 神戸 結婚式場 異人館キャセリンハウス</h2>
<h2>フォトギャラリー 神戸 結婚式場 異人館キャセリンハウス</h2>
<h2>アクセス・地図 神戸 結婚式場 異人館キャセリンハウス結婚式場</h2>
アクセス・地図 神戸 結婚式場 異人館キャセリンハウス
 
エブリワンホームページへ
 
 
神戸結婚式 キャサリンハウス

神戸北野異人館キャセリンハウス結婚式場館名は、かつて居住していたスウェーデン人女性"Catherine Andersen"に拠る。
山本通に面する公開異人館シュウエケ邸の西側の路地を南側を下った裏通りに位置し、
当邸も2000年1月まで「スエーデンの館」として公開されていたが、現在は非公開となっている
敷地内には明治32年建築の主屋の他、庭園の西にセミナーハウスが増築されている

異人館(いじんかん)とは、幕末・明治時代以降(主として明治時代)の日本において、
欧米人が居住するために住宅として建設した西洋館。
(日本人が住んでいた洋風住宅も誤って異人館と呼ばれることがある。)

従来の日本家屋とは異なる西洋式の住宅に異邦人(異人)が住んだことにより異人館と呼ばれる。

開国から明治前期まで、外国人の住まいは原則として居留地に限られていた。
ただし、お雇い外国人は例外だったという。条約改正との関連で明治32年(1899年)以降、
内地雑居が認められ、旧居留地以外の高台などにも建設されるようになった。
群として多く残っているのは神戸、長崎である。横浜、函館では異人館という呼び方は一般的でないとされる

長崎のグラバー邸は設計者不明であるが、施工は地元の大工が行っており、
日本の職人がいち早く西洋建築の技術を採り入れていたことがうかがえる。
外国人建築家としては神戸で活躍した英国人A.N.ハンセルらがよく知られる

 

神戸異人館ウエディング

神戸北野異人館 結婚式場

 結婚式  ウエディングドレス似合うキャセリン邸   キャサリンハウス キャセリンハウス  

 

結婚式 レストランウェディング ウエディング 二次会ブライダル 格安お得大阪のエブリワン
お得な結婚式、格安ブライダルでカジュアルな挙式をご 提案します