大神神社、三輪明神結婚式挙式 奈良の結婚式場

三輪神社の披露宴パーティー会食は大神神社三輪明神で出来ます

神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン奈良

神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン結婚式 レストランウェディング ウエディング 二次会ブライダル格安お得大阪のエブリワン
お得な結婚式、格安ブライダルでカジュアルな挙式をご提案します

 
  TOP > 会場紹介 > 挙式・披露宴 > 大神神社 三輪明神 三輪神社  更新 24/5/28  
 

 

三輪明神 結婚式大神神社

リコマリアがプロデュースする三輪明神   mail info@everyone-jp.com
 tel 06-6448-1055  fax 06-6448-1095         
大神神社

 挙式料金 ¥80000

 挙式料 ¥80000 + 衣装、 メイク\170000+ 披露宴 = です!色々ご相談下さいませ  

     大阪でお探しの方はこちらクリック  

  <h2>三輪神社 結婚式 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン結婚式場</h2> <h2>大神神社三輪明神結婚式</h2> <h2>三輪神社結婚式</h2>

大神神社の結婚式はエブリワンへお問い合せ下さい大神神社三輪明神花嫁行列

花嫁行列大神神社三輪明神 結婚式

        

 パーティープラン三輪神社 昭和の間プラン有でり

 


 
三輪神社 大神神社結婚式

 

大神神社結婚式出の挙式披露宴はレストランウエディングエブリワン三輪山結婚式 挙式 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン大神神社 挙式 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン大神神社結婚式 三輪明神 結婚式なら三輪が関西で一番

         

☆大神神社 三輪明神の結婚式のビデオ上の写真をクリックしてください

 
 

披露宴、会食のご相談致しております。
三輪神社の中で披露宴が出来ます。

会食プラン等有り御相談下さいませ

大神神社 ウエディング  
緑深い三輪山の麓に鎮まります大神神社 ご祭神大物主神様は縁結び、福寿の神様として、夫婦和合・家内安全を始め、我々の生活すべての守護神であります
 
桧の香りも芳しい儀式殿で行われる結婚式は、荘厳で、厳粛な雰囲気が漂います 雅やかな楽の音色にあわせ、奏される優美な神楽「浦安の舞」は、お二人の新しい門出を祝い、かけがえのない人生の旅立ちを更に彩ります
        

大神神社挙式料¥80000結婚式場

 
 
 
 
   

三輪神社内で昭和の間、平成の間で披露宴出来ます
格調高く、古式ゆかしい雰囲気のなかで行われる挙式です 厳かに行われる伝統の挙式には、神様をはじめ家族・親戚・参列者の祝福が満ち溢れています 日本人ならではの美しい結婚式が、今人気です
お一人様¥10000前後からで出来ます

三輪神社 結婚式 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン

大神神社 結婚式 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン

     
 
 
境内を練り歩く
整列して大神神社挙式会場へ向かいます。練歩く新郎新婦・神官・巫女・参列者の行列が雰囲気を一層盛り上げてくれます 居合わせた神社の参拝者からの祝福に、新郎新婦はちょっとテレぎみです
花嫁行列!挙式
  大神神社結婚式 挙式 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン
     
 
 
    優美な空間で行われる披露宴
挙式の後は、格式高い雰囲気の残る空間で披露宴を。結婚式だけでなく、安産・初宮をはじめとする様々な人生の節目節目に参拝ができるなど、結婚後も家族の歴史を見守ってもらえるのも、大神神社挙式のうれしいポイントです

 左の写真は昭和の間です    60人で結婚披露宴できます

     
 
 

大神神社結婚式 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン大神神社披露宴 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン三輪神社結婚式 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン

 

 

 昭和の間 65人披露宴できます大神神社のお料理はこちらをクリックして下さい              

 
 
会場データ
住所 奈良県桜井市三輪1422
営業時間  
交通 JR桜井線三輪駅徒歩5分, 三輪明神参道口バス停停歩10分 近鉄・JR線桜井駅
駐車場 無料 10台 近くに大駐車場がある
宿泊  
 
挙式データ
挙式スタイル 神前式
挙式会場収容人数 〜40名
披露宴会場収容人数 着席20名〜100名  立席50名〜200名
料理  
設備  
料理料金 8,000円〜
飲物料金 2,500円
ケーキ料金  
会場費等 40,000円〜
挙式料 80,000円
二次会  
下見 ご自由に
   
 
 

エブリワンがプロデュースする大神神社 三輪明神mail info@everyone-jp.com
tel 06-6448-1055 fax 06-6448-1095  担当 杉本
     みわまっぷ

三輪神社マップ 婚礼 神社結婚式場 大神神社 三輪明神 会食パーティープラン

 
 

大神神社 奈良県桜井市三輪(みわ)町に鎮座。祭神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)(また倭大物主櫛玉命(やまとのおおものぬしくしみかたまのみこと))、配祀(はいし)は大己貴神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)。神話によれば、少彦名神が常世(とこよ)の国に去ったあと、独力で国造りをしていた大己貴神の前に、国造りをともにするため海上より出現した大物主大神(大己貴神の幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)ともいう)を、その意志によって御諸山(みもろやま)(三輪山)に祀(まつ)ったのが起源であるという。三輪山を神体山とし、太古以来本殿はない。山麓(さんろく)に拝殿(国の重要文化財)があり、その奥に三輪鳥居(国の重要文化財)が立つ。『延喜式(えんぎしき)』では名神(みょうじん)大社、大和(やまと)国一宮(いちのみや)、明治の官制では官幣大社。例祭は4月9日。ほかに、元旦に神火を松明(たいまつ)に移して参詣(さんけい)者に分かつ繞道祭(にょうどうさい)(御神火祭)、2月6日の御田植祭(おんださい)、薬草を供える4月18日の鎮花祭(はなしずめのまつり)、印(しるし)の杉玉を酒造家に授ける11月14日の酒まつり、摂社率川(いさがわ)神社(奈良市本子守(ほんこもり)町)の6月17日の三枝祭(さいくさのまつり)(ゆり祭)などが有名。なお、神宮寺であり中世以降三輪神道を発達させた大御輪寺(だいごりんじ)と平等寺は、明治初年に廃され、大御輪寺の本堂は摂社大直禰子(おおたたねこ)神社(本社境内)の本殿(重要文化財)に転用、その本尊十一面観音立像は聖林寺(しょうりんじ)(桜井市下(しも))に移された。拝殿の前を南北に通る古道は、いわゆる「山辺(やまのべ)の道」である。

大巳貴神社に、三輪町のルーツを尋ねる     
三輪町の北東部、参勤交代の大名行列も通った秋月松崎街道沿いに鎮座する「大巳貴神社」。目配山を背にして、うっそうと生い茂る森に囲まれたお宮は、いつ訪れても神々しい雰囲気がただよっています。それもそのはず、ここは神功皇后が建てられたという古社。一説には我が国で最も古い神社の一つだとか。町名の”みわ”はこの氏神様の別名大三輪神社、大神神社にちなんだものです。

あの邪馬台国は三輪町にあった!                                             女王卑弥呼の邪馬台国はどこにあったのか?日本古代史の謎に迫るこの問題は近畿と九州説二つに分かれ、論争が繰り返されてきました。そして、九州説が推す候補地の一つが、三輪町にある甘木・朝倉地方なのです。
不思議なのは近畿説が主張する奈良県桜井市三輪山周辺の景観も大和の三輪山と本町大神(みわ)山付近とはうりふたつ。これは興味しんしんですね未だ決着しない邪馬台国論争。三輪町を訪ねれば、あなたもトロイの「遺跡を発見したシュリーマンになれるかも。

由来   三輪のことならきいてください                                         

遠い神代の昔、大己貴神(おおなむちのかみ)【大国主神(おおくにぬしのかみ)に同じ】が、 自らの幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)を三輪山にお鎮めになり、大物主神(おおもの ぬしのかみ)
【詳しくは(やまとのおおものぬしくしみか たまのみこと)】の御名をもってお祀りされたのが当神社のはじまりであります。それ故に、本殿 は設けず拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し、三輪山を拝するという、原初の神祀りの様が伝えられて おり、我が国最古の神社であります。
大三輪之神(おおみわのかみ)として世に知られ、大神をおおみわと申し上げ、神様の中の大神様 として尊崇され、各時代を通じ、朝野の崇敬殊に篤く、延喜式内社・二十二社・官幣大社として最 高の待遇に預かり、無比のご神格がうかがわれます。

突出台地と大和三山を結ぶことで、冬至の夕日に向かう「三輪の矢」とも言うべき巨大な矢が地上に描かれます。神社拝殿が山頂を向かずにその台地を向いているのは、おそらくその場所を神聖視したからじゃないかという気がします。できればその台地へ行ってみたいですねえ、冬至のの夕方に。どんな光景が見られるんでしょうか。そこを掘ってみれば縄文の祭祀遺跡が出るかもしれません。

ある時期(春分秋分など)に、三輪山頂からの日の出を見ることができるいくつかの神社が知られているので(多神社や鏡作神社(石見)など)、特に山頂が軽視されているのではないと思います。そして三輪山や桧原神社は、逆に夕日を見ることができる方向にあるわけです。古代には、冬至の日などにそのような場所で、沈みゆく夕日に対しなにかの祭りが行われていたかもしれません

  で ふと思ったんですが・

「日本書紀」景行天皇の条にに、三輪山麓に連れてこられたエミシたちが、三輪山の木を切って騒いだって話がありましたよね。あれって、三輪山中から太陽(特に夕日)に向かってなにかのお祭りでもやろうと思ったんじゃないでしょうか。ほら、山から太陽を見ようとしたら木が邪魔になるじゃないですか? 「敏達紀」には、エミシ綾糟が、天皇にではなく三輪山に向かって誓いをしたという話が記載されています。あくまで天皇にではなく三輪山にね 三輪山の信仰は大和王権や朝廷に関わるというより さらに古代にさかのぼるものかも知れません

  

大神神社 三輪明神結婚式受付中 レストランウエディングエブリワン 06-6448-1055

杉本竜哉      

 
大神神社結婚式 三輪明神挙式 三輪神社  結婚式場大阪.5次会結婚式他会場での婚礼の料理のプロデュースは大阪のエブリワン ユーチューブ
Copyright(c)everyone.AllRightsReserved.

大神神社三輪明神の結婚式はお任せお三輪神社の料理はレストランエブリワンが得意結婚式場